私は以前、お付き合いしていた女性がいたのですが、その女性からあるショックなことを言われて、二人の関係がおかしくなってしまって、結局は別れました。そのショックなことと言うのは、私の夜の営みが退屈で満足できないというものでした。

確かに私は女性との経験が少なくて、夜の営みのテクニックもあまりありませんから、女性が満足できない気持ちも分かります。それは私も分かっていたのですが、それを彼女からダイレクトに言われてしまうと、とてもショックで落ち込みました。

何とか改善したいと思って、ネットで情報を集めて、それを彼女との夜の営みの際に実践してみようとしたのですが、なかなか思い通りには出来ませんでした。そんな私に落胆した彼女から、別れを切り出された時にはショックでしたが、仕方がないと諦めました。

そしてそのショックから、次の彼女を作るのが怖くなりました。自分の夜の営みの腕を上げなければ、また同じように新しい彼女からも満足できないと言われてしまうのではないかと不安だったからです。でもどうやったら改善することが出来るのか分かりませんでした。

なぜならこればっかりは一人で努力出来ることではなく、相手の女性が必要だからです。そんなことで悩んでいた、ちょうどそんな時に大学のクラスメートから久しぶりに連絡があって、一緒に飲みに行くことになりました。お互いの仕事の大変さややりがい、そしてこれからの将来について色々と語り合いました。それと同時にお互いのプライベートな話も色々としました。

彼は私の元カノのことも知っていましたので、彼女とはどうなっているのか聞いてきました。私はその理由は話しませんでしたが、別れてしまったことは伝えました。そして彼に今、お付き合いしている女性はいるのか聞いてみたら、彼女は居ないけど、それなりに楽しんでいるというのです。それがどういう意味か分からなくて詳しく聞いてみると、彼はセフレとの体験談を色々と話してくれました。

ある出会い系サイトを使うようになってから、そのサイトで出会った女性とセフレの関係を持つことが出来るので、それを今は楽しんでいるというのです。セフレに愛を注ぐとはまさに彼のことです。私はその彼の話を聞いて、興味津々でした。そして私も彼が使っている出会い系サイトを利用するようになりました。

私も彼のように女性と一夜限りの関係を持つことが出来たら、夜の営みの腕を上げるチャンスだと思ったからです。数日後にその出会い系サイトで知り合った女性と会う予定ですので、今からドキドキしています。